--/--/--(--)

『スポンサーサイト』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イタリア好きはここをクリック(○´∀`)ノ
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/05/23(火)

『イタリアもダ・ヴィンチ・コードすごいです』

前回も書きましたが今日もダ・ヴィンチ・コードについてです。
やっと公開されましたね~「ダ・ヴィンチ・コード」
イタリア語の題は「コーディチェ・ダ・ヴィンチ」です。
自分も今日、見てきました~。(*´▽`)


イタリアの映画館って平日はぽろぽろっとしか人いないんですが
今日は人けっこういるいる。
自分たちは前々から予約入れてたんで真ん中らへんの良い席です。
いつもなら予約なんてしなくても真ん中一等席に座れるくらい空いてるんですが
ダ・ヴィンチ・コード人気で一番大きいホールにもかかわらず
後ろのほうまで横っちょのほうまでポップコーン食べてる人がいるいる。
これでこそ映画館ってもんです。
肝心の内容はというと・・・。

ナイショ。( ´艸`)ふふ
本、読んでなくても楽しめました。
以上。

本が売れに売れてるかわりに映画はやっぱり批判されてるみたいですが
そのわりにはよく出来ていましたョ。
内容が内容だけにキリスト教総本山、バチカン市国のある国イタリアでは
ちょっと受け付けない人もいるみたいです。
バチカン市国周辺の本屋さんでは、ダ・ヴィンチ・コードの本を売らなかったりで
この映画がまたまた論議を呼びそうですね。
映画の中でイタリアが一個も出てこないのが残念ですが
パリなつかしい~とかロンドンのどこだろとか物思いにふけっておりました。('・c_・` )
もうひとつ、イタリアでは音声吹き替えなんで
アメリに出てたオドレィ・トトゥの声がちょっと大人っぽい・・・。
あのかわいらしいパリジャンヌのフランス語を楽しみにしてたのに
本人のフランス語、始めのちょっとしかないじゃんか~。( ノД`)
字幕で見れる日本の映画館がちょっぴりうらやましくなりました。
気が向いたら映画どうぞ見てみてください。

イタリア好きはここをクリック(○´∀`)ノ
もぞ
お久しぶり~ヽ(´ー`)ノ
ダ・ヴィンチ・コードは本からいくか映画からいくか迷い中です。
かなり期待してます(´∀`*)
2006/05/23(火) 21:28:01 | URL | [ 編集]
kemu
ひさしぶり~。
それはけっこう難しい問題だな。
本からいくと映画がつまらなく思えるかもしれないし
映画からいくと映画の印象が強いから本にのめりこめないかもしれないし・・・。
ま、お好きなほうからどうぞということで。d(´∇`о)
2006/05/24(水) 18:30:18 | URL | [ 編集]
mina
本は読みましたが映画はまだです
前売り券は買ったので時間ができたら行こうと思っています。たのしみ~ 
イタリア語で映画が理解できるなんてすご~い
そんな日がくるといいなぁ~   v(。・・。)
2006/06/10(土) 20:27:29 | URL | [ 編集]
kemu
本読んだんですねぇ。
自分も機会があれば本読んでみようかな。
イタリア語まだまだなんでこの映画
理解するの難しかったですよ~。( ノД`)

2006/06/10(土) 21:58:54 | URL | [ 編集]
コメントの投稿













トラックバック
トラックバックURL:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。