--/--/--(--)

『スポンサーサイト』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イタリア好きはここをクリック(○´∀`)ノ
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/04/27(木)

『イタリア ダヴィンチブーム!?』

イタリアだけでなく世界中で話題になっている本「ダヴィンチ・コード」
イタリアでは間もなく映画公開(5月19日)でレオナルド・ダヴィンチが熱いです。


レオナルド・ダヴィンチはご存知のとおりかの有名な「モナリザ」を描いた人です。
モナリザ

このモナリザ、本当の名前は「Gioconda(ジョコンダ)」っていうの知ってましたか?
レオナルド・ダヴィンチはミラノを拠点にしていて
このモナリザの背景もロンバルディアの景色だそうです。
イタリアの最高傑作をフランスが盗んでいった~とイタリア人はご立腹ですが
そんなことはさて置き、最近、ダヴィンチブームなのかどうなのか
このレオナルド・ダヴィンチよく話題に出てきます。
今日もTVのトーク番組で「ダヴィンチ・コード」が取り上げられていました。
この本のおかげでミラノの「最後の晩餐」の予約が大変らしいですね。
映画が公開されたらもっとすごいことになるかも・・・。
その他にも、レオナルド・ダヴィンチが設計した
ミラノのナヴィリオ(運河)が最近開かれて船で移動できるようになったんです。(*´▽`)
船で運河を通ってパヴィアやスイスまで行けるとか。
今はまだ試運航なんであまり知られていないけど
本格運航になったらミラノの一大名所になるかもしれません。
船でイタリアの街並みを見ながらアドリア海まで出るなんてロマンですなぁ。
大混雑で船に乗れなくなる前にっということで
今度、船に乗って運河を移動してこようと思います。御期待くださーい。d(´∇`о)

イタリア好きはここをクリック(○´∀`)ノ
Gianna
こっちも凄いブームですよ!
確かこの映画って全世界一斉公開だったように記憶しております。こっちは書店に行けばダ・ヴィンチコーナーみたいなんがあります(苦笑)。
これは以前ブログ仲間のtoscaさんに勧められて本を読破しました。あの内容をどこまで映画で表現できるのかは凄く興味深いです。
「最後の晩餐」まだ見てないんですよねぇ。でもブームがさってからにします!
2006/05/02(火) 12:32:22 | URL | [ 編集]
kemu
本読んでないんですよねぇ。
イタリア語のは図鑑みたいな厚さで読む気が・・・。
映画版はアメリのオドレィ・トトゥが出ててフランス語話すかな?英語かなってちょっと楽しみです。( ´艸`)ふふ

最後の晩餐って写真撮っちゃだめなの知らずに4年ほど前、見に行ったとき撮ってしまいました。ご注意あれ~。(-ι_- )
2006/05/05(金) 08:26:54 | URL | [ 編集]
まる王子
はじめまして。
ダヴィンチについて記事を書いていて、確かイタリアではなんか他の呼び方があったはず!と思って検索しててたどり着きました。

引用させていただいたので、トラックバックいたしました。

私もイタリア大好きです。
お邪魔しました。
2006/05/15(月) 09:54:48 | URL | [ 編集]
kemu
はじめまして~。
イタリア人は「Gioconda」が本当の名前だって
憤慨してますよ。(*´▽`)
最後の晩餐も「Cenacolo Vinciano」とか「Ultima cena」とか言いますね。
トラックバックありがとうございました。
また来てくださーい。

2006/05/15(月) 21:46:54 | URL | [ 編集]
コメントの投稿













トラックバック
トラックバックURL:
私が小学生の頃『偉人』として出会ってからずっと、レオ様は偉人だった。このところ彼はものすごいブームとなり脚光を浴びている。ちょっと悔しい。とあるテレビ番組でレオナルド・ダ・ヴィンチの特集をやっていた。このところ体調をくずし熱っぽい私は、冷却シートをおデコ
-
管理人の承認後に表示されます
2007/09/08(土) 05:06:37 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。