--/--/--(--)

『スポンサーサイト』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イタリア好きはここをクリック(○´∀`)ノ
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/11/29(木)

『映画をイタリア語で』

かなり更新さぼってすみません。( ノД`)
日本もイタリアも年末は忙しいんですねぇ。
ミラノではすでにクリスマスのイルミネーションが
飾り付けてあったり、日々クリスマスを感じます。
今日は、映画を見て感じたことについて。


昨日、ようやくDVDでゲド戦記を見てみました。
映画そのものへの感想はさておき
なぜか日本人声優の演技がしょぼく感じられます。
声優さんはかなり有名人もいるのにただ淡々と読み上げている感じで
人間味が感じられない。
そこでイタリア語吹き替えに変えてみるとアラ不思議!
表現豊かになるじゃないですか。
しかも表現もちょっぴり大げさで面白可笑しくなってたりして・・・。
いつも感情を大げさに表現するイタリア人と
控えめの日本人の差ということでしょうか?
その上、イタリアは吹き替え大国で声優の質がかなり高いんですねぇ。
下手な演技のC級映画でもイタリア語吹き替えはそこそこ立派になります。
イタリア語がそこそこ解る人はぜひイタリア語吹き替えの映画を見てみましょう。
感情表現がぜんぜん違いますョ。(*´▽`)

イタリア好きはここをクリック(○´∀`)ノ
コメントの投稿













トラックバック
トラックバックURL:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。