2006/12/28(木)

『帰りもアリタリアに乗って』

2週間ぶりに日本からイタリアに帰ってきました~。
久しぶりのイタリアはなんか落ち着きますなー。
今回はたこ焼き器を日本から持って帰ってきたんで
イタリアにいながら自宅でたこ焼きが食べれる。( ´艸`)ふふ
しかも、このたこ焼き器、お好み焼きや焼きそばも焼けるスグレモノ。
イタリアにいながらたこ焼きが食べれるなんて関西人には涙ちょちょぎれです。
とまぁ2週間も更新できなかったので、その分これからゴリゴリ更新しまーす。
これからもよろしく~。(○´∀`)ノ


イタリア好きはここをクリック(○´∀`)ノ
らふぁえろ
アリタリア最近ショーペロ多いですけど、問題ありませんでした?
2006/12/29(金) 11:03:07 | URL | [ 編集]
kemu
>>らふぁえろ
問題なくスムーズにいきましたよ。
荷物30キロまでだったのに量ったら37キロで
追加料金4万円をまけてもらちゃったし。( ´艸`)ふふ
ただ、機内食のパンが温かくないのがいけませんねぇ。
2006/12/29(金) 14:30:31 | URL | [ 編集]
ふみこ
初めてブログ見せていただきました。
4月に娘が結婚して南イタリアに嫁ぎました。そんな娘にたこ焼き器を持っていきたいとおもっています。
ただし、海外電気器具の中の外国用のタコやき器がありません。どうしたら良いかと悩んでいましたが、ブログにすぐれものタコやき器をもっていらっしゃるとの事、どんなものか教えていただけますか?変圧器が必要なのでしょうか?
何卒、お教え下さい。
2009/07/05(日) 18:43:40 | URL | [ 編集]
kemu
>>ふみこさん
こんにちは。
たこ焼き器は家電量販店で買った普通のたこ焼き器で、
熱器具専用の変圧器をいっしょに持っていきました。
ただ、2-3回使っただけでたこ焼き器が壊れてしまったので
(コードが内部でショートしたようです)
変圧器が熱器具専用の物は合っていなかった可能性があります。
650W対応で、熱器具専用ではない普通の電化製品用変圧器となると
高額ですしかなりの重さになります。
イタリアでもホットプレートは売っているので
たこ焼き器は電気の物ではなく、
直火で調理するような鉄のプレート部分を贈られたほうが
重宝するかもしれません。

下記リンクはイタリアへ持っていった製品です。ご参考までに。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B002CH7CF0/
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00131X9EE/
2009/07/07(火) 15:21:46 | URL | [ 編集]
ふみこ
たこ焼き器の件、有難う御座います。
電気器具は、火が出たら怖いのでやはり、ガス用にします。
たこ焼きはきっとイタリア人にも喜んでもらえそうです。
以前、留学中に娘がお好み焼きを作ったら、とても好評だったそうなので、ホームパーティーに作ったらいいかな・・・・なんて勝手に思っています。
今娘が住んでいるところは、テラチーナという小さな海辺の街で、日本人はいないところです。やはり日本の食べ物が恋しくなるそうで、東京から、毎月、食材を送っています。早速、ガス用を探しておくることにします。
本当に有難う御座いました。


2009/07/07(火) 18:11:38 | URL | [ 編集]
コメントの投稿













トラックバック
トラックバックURL: