--/--/--(--)

『スポンサーサイト』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イタリア好きはここをクリック(○´∀`)ノ
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/11/03(金)

『イタリアで多国籍料理 part2』

今日、イタリアに寒波がやってきました。朝から寒い寒い。Σ(´д`ノ)ノ
ミラノは雲ひとつない青空なのに冷たい風が吹いていて冬が近づいてるのを感じます。
イタリア旅行をする人は温かい格好を~。(○´∀`)ノ
っということで今日はイタリアで多国籍料理を第二弾。


前回はミラノの持ち帰りインドカレー屋さんをご紹介しました。
今回はイタリアと同じく地中海の国、ギリシア料理です。
ミラノ、ナビリオの近くにはたくさんの多国籍料理屋さんがあって
メキシコ料理からクレープまでいろいろそろっています。
そんなナビリオ沿いを歩いていると鮮やかな青いお店を発見。
何のお店か見てみるとギリシア料理のtake awayなんですねぇ。
ギリシア料理ってどんなのか知らなかった自分は興味津々でちょっくら入ってみました。
お店の中はギリシアの写真やら音楽やらかかっていて
なんとなくギリシア~な雰囲気ただよってます。( ´艸`)ふふ
何がおいしいのかわからずに適当に選んだのがコチラ。
pitaghiros
ピタギロス

見た目はケバブに似ているんですが包む生地がふわふわの揚げパンみたいな感じ。
生地の中にはケバブのようにお肉とトマトやたまねぎ
ポテトも入ってたりしてボリューム満天です。
ドレッシングは辛いものと普通のものがあってお店の人がどっちにするか聞いてきます。
このピタギロス、1個4ユーロ(600円)ほどでまぁケバブと同じような値段ですね。
この他、サラダのようなものやお肉料理やらいろいろありました。

場所はというと
Porta TicineseからRipa di porta ticinese沿いを歩いていくと
左側に鮮やかな青いお店が見えてくるので簡単に見つかります。
住所はRipa di porta ticinese 13。
イタリア料理に少し飽きたらギリシア料理もお試しあれ~。

イタリア好きはここをクリック(○´∀`)ノ
コメントの投稿













トラックバック
トラックバックURL:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。