2006/01/12(木)

『イタリアの車事情』

ご想像通りイタリア人は車の運転すごく荒いです。黄色信号は青と同じ、
赤でも他に車が来なければ通って良しな感覚です。
自分はこっちで車運転しないので乗る時は助手席か後ろの席なんですが、
同居人に乗せてもらうとたびたびヒヤリとさせられます。
運がいいのか腕がいいのか事故ったことは一度もありませんが、
急に発進したと思ったら猛スピードで右折したり・・・。
こっちに来た頃はいつ交通事故起こさないかとビクビクしてました。
車を駐車する時も、前後の車をバンパーで押してぎりぎり駐車してる人をよく見ますし・・・。
これってあり?な状態ですよ。日本じゃ人様の車に傷つけちゃいけないと思って
細心の注意を払うのに、イタリア人にとって車は日本人の自転車感覚なんだなぁ
とつくづく思いしらされます。どこに行くにも車がないと不便なんですね。
ミラノとかの中心地に住んでると地下鉄・バス・トラムと交通手段がいっぱいあるんですが、
郊外に住んでると交通手段が限られてきます。
自分の住んでるところは1時間に1本電車が来ればいいほうで、
それ以外の交通手段がないんですね。
電車の来ない時間帯にどうしても学校にいかないと行けない時があって
隣街まで1時間ほどかけて歩いたこともあるくらいですから。
やっぱり車がないと不便極まりないんですねぇ。
そのためかイタリアはヨーロッパの中で車保有率一番だったりします。
ミラノ市内の道路は車でいっぱい、両脇には駐車された車がズラリ。
2車線なのに両脇に駐車された車で1車線になってたりして・・・。
渋滞するとブーブー言うくせに2重駐車は平気でしちゃうし。
ここは無法地帯か??ってな感じです、まぁこれもイタリアならではなんですが。
あと日本と違うのがクラクションです。イタリア人クラクション鳴らしすぎ。
信号で5秒遅れただけでブー、渋滞しててなかなか進まないのわかってるのにブーですよ。
ブーブーブーブー鳴らして楽しいのかブーです。
もうひとつ違うのが信号近くにジプシーたちが
フロントガラスを掃除しようと待ち構えてるところですね。
交通量の多い道路の信号近くでジプシーたちが待ち構えてて、
赤信号で止まってる車に近寄り勝手にフロントガラスを掃除してお金を要求するんです。
お金といっても小銭でいいんですが、赤信号ごとに要求されたんじゃたまりませんよね。
お金払うのを拒否すると勝手に掃除したフロントガラスに泡つけやがるんです・・・。
くぅ~ヽ(`Д´)ノ
つくづく日本は平和だなぁと思う今日この頃でした。


イタリア好きはここをクリック(○´∀`)ノ